ED・勃起不全・勃起障害の検査|安心して診察を受けるために

ED・勃起不全・勃起障害の検査|安心して診察を受けるために

ED・勃起不全・勃起障害検査の診療手順

泌尿器科医が行う勃起不全の診察手順を紹介します。

 

まず患者さんが診察室に入ってこられる時の様子を観察します。
不安げに来る日知、すました顔で入ってくる人、堂々とした素振りの人など、ある程度その患者さんの人のなりをうかがい知ることができるのです。
そのほか、まひなどと言った姿勢や歩行の状態についても観察します。

 

診察室に入ってこられてら、まず問診と言って病状を聞くことから始めます。
問題となっている勃起障害についての内容は、かなり細かいことも亜で聞く必要があります。

 

そのほかに、過去の病歴、特に糖尿病や心筋梗塞、脳卒中、あるいは脊髄や骨盤の手術や後遺症の有無については特に念入りに聞いておきます。

 

ここからがとても大事です。余談と偏見というわけではありませんが、充分に話を聞けば、ある程度勃起障害のタイプや治療法などをイメージできるものなのです。

 

経験の浅い泌尿器科では、患者さんのこれまでの遍歴や、セックスパートナーのこと、特に奥さんのほかに相手がいるのかなどに話が及ぶと、「そんなことまで言わなければならないのなら、もう診察は結構です。」と言って帰ってしまう患者さんがいることもありますが、経験豊富な泌尿器科医になるとこのような話題でもうまく聞き出すことができるようになります。

 

ED・勃起不全・勃起障害

問診が終われば、次は身体の診察です。一般的な衣服部の触診に加えて、ペニスや清掃などに異常がないかどうか触ってみます。最後は直腸審です。肛門から指を入れて前立腺の触診を行います。
この時同時に、肛門に指を入れたまま、ペニスの亀頭部を握って、球海綿体筋反射の程度についても確認します。

 

たいていはこれで診察は終わりで、ここで一度商法薬をして、最初の診察が終わりです。

 

バイアグラを処方する場合は、年齢や過去の病気を考慮して、場合によっては心電図を取ってからということがあります。
これで良くなれば、あとは薬を続けるだけです。

 

もし薬が効かなければ、それ以上の検査をするかどうか。

 

治療法も含めて患者さんともういとど話したうえで、希望があれば検査を先に勧めます。もっとも、勧めたとしてもそれほどのことはできません。

 

それ以上のことは大学病院などに紹介するぐらいで、バイアグラの発売以後は、そういうことも少なくなってきています。バイアグラの購入方法として病院からの処方で購入するのと個人輸入の2通りの方法があります。

 

バイアグラの個人輸入の種類

 

バイアグラ購入ツアーに参加する

 

バイアグラの購入を目的としたツアーに参加して入手する方法です。

 

メリットとしては、現地の医師の診察を受けから、バイアグラが処方されるために最も安全な方法だともいえます。日本の薬事法に抵触する恐れも少なく、また偽物をつかまされる心配がありません。

 

デメリットとしては、時間がかかり価格が割高になってしまうことです。日本の医療保険が適用外ですので、その分の負担も必要です。

 

また、医師によっては綿密に診察することも想定されます。そのうえでバイアグラが必要ないと判断されると入手することができません。ツアー事態に参加することで、バイアグラを購入したいということがオープンになってしまいます。

 

アメリカの薬局から直接処方箋なしで購入する

 

海外の薬局によっては、輸入国の規則で処方箋がなくてもバイアグラが購入できる国には、発送するところもあります。
購入の際にはもちろん処方箋も必要がありませんが、服用に関する責任の一切を購入者が負うことになります。

 

メリットとしては誰でもバイアグラを購入することができ、価格も安価で迅速です。

 

しかし、健康チェックに関しても購入者の判断となるために、自分の自己管理と把握が絶対に必要です。

 

バイアグラを購入する前に、取扱説明書を熟読し、副作用に関する知識も身に着けておくようにしましょう。

 

また、バイアグラの発送先が直接薬局であることを確認してください。

 

もしも日本の住所から送られている場合は、日本の薬事法に違反している可能性が高いです。

 

バイアグラを前もって日本国内に持ち込み、そのあとで希望者に販売することは認められていないからです。(バイアグラの転売の禁止)

 

個人輸入代行を利用する

 

個人輸入を代行してくれる業者にすべてを任せて購入する方法です。あんしん通販薬局もその中の一つです。

 

購入代金が安く、現地の価格で購入することが可能です。

 

個人輸入代行は、バイアグラの販売による利益を得てはいけないことになっています。

 

情報を提供するだけで、そのほかのころは購入者が全責任を負ってくださいというスタンスです。

 

メリットとしてはとにかく安いことです。デメリットとしては、発送トラブルなどは自分自身だ対処しなければならないことが多いことです。大京業者が提供してくれるのは情報だけです。

 

この情報があなたにとって本当に必要かどうかを判断する必要があります。

 


NPTの確認方法・スタンプテスト

睡眠中の勃起のことをNPTと言いますが、これの確認はEDの判定の基準にも使われることから今注目されています。

 

しかし、これは自分自身では確認することができない。パートナーの女性に確認してもらえば簡単ですが、そのために女性の方は一晩中起きて、相手の男性のペニスの変化を見ていなければならない。

 

想像しただけでも大変です。いやむしろ滑稽です。とてもそこまでしてくれる女性はいないでしょう。

 

幸運にも献身的なパートナーに巡り合えたとしても、一晩中観察される男性の方もゆっくりと眠っていられない。

 

そこで考案されたのがスタンプテストという非常に簡単で画期的な方法です。郵便切手をペニスに巻き付け、橋に乗りをして一晩寝てもらう。よく朝この切手のミシン目の部分が切れていれば、NPTがあったと判断できる。

 

ただし見栄を張って自分で、手で切ったりしてはいけないのはもちろんです。

 

非常に簡便で安価で、しかも眠っている間に起こることであるから、目覚めている時の巣取れるなどの心理的影響を除外した客観的評価を行える優れた方法です。

 

欠点と言えば、この方法では、ペニスの硬さや勃起の持続時間、NPTの回数がはかれないなど、専門的に最も精密に勃起能力を見たいという場合には不十分なことです。

 

最近はコンピューターを用いて、NPTが生じたときのペニスの大きさの変化や、硬さを連続的に測定することのできる器具も開発されています。

 

しかし、事実上はこのスタンプテストで事足りているのです。

 

このようにして、もしNPTが確認されなければ、すなわち精神的要因などによるものと判断される。その原因をさらに詳細に検索しなければならない。

 

すなわち神経系の障害によるのか、勃起の涵養する血管系に障害があるのか、また内分泌系の障害によるものかを明らかにする必要があります。

続きを読む≫ 2015/12/14 11:59:14

器質的勃起障害の検査

問診の内容やスタンプテストなどの結果から、器質的勃起障害と考えられた場合、まず行われる検査はやはり血液検査です。

 

いかなる疾患であっても、診断に必要な検査は、患者に負担の少ない検査から順次行われるのが原則です。

 

もっとも、時差氏の診療に当たっては初診の時に患者さんから話を聞き、かんたんの診察をした後、この血液検査をしておく場合がほとんどです。

 

血液検査では主に男性ホルモンの量のほかに、黄体化ホルモンLH、卵細胞刺激ホルモンFSH、プロラクチンなどの性腺関連ホルモンの値を調べます。

 

この時同時に、血糖値や動脈硬化の指標となるコレステロール、中性脂肪、さらに肝機能や腎機能のチェックを行っておきます。内分泌学的検査の中で、勃起障害と密接に関係するホルモンは、男性ホルモンとプロラクチンです。

 

男性ホルモンについては、すでに述べたとおり勃起能力との直接的なかかわりは不明な点も多いが、低下すれば当然、性欲をはじめとした性機能全体に影響してくる。

 

またプロラクチンと言うのは、女性では乳汁の分泌に関係するホルモンであるが、このホルモンも男性の勃起と密接な関係がある、体の中で増えすぎると勃起障害を引き起こす原因となる。

 

プロラクチンは脳下垂体腫瘍(プロラクチン産生下垂体腫瘍)、ある種の薬剤(レセルピンやスルピリド)によって血液中に増加してくる。

 

また肝硬変などで、肝臓の働きが障害された時にも、プロラクチンの分解が行われなくなり、結果的に増加してくる。

 

LHやFSHは、大脳の視床下部からの指令で、脳下垂体というところから分泌され、ともに、女性では卵巣や子宮に、男性では精巣に働きかけるホルモンです。

 

LHはFSHとともに、女性の性周期の調節や、排卵、女性ホルモンの分泌を促し、男性ではLHが主に男性ホルモンの生産を、そしてFSHが精子の形成を促す働きをしたいます。

続きを読む≫ 2015/12/14 11:58:14

勃起不全の検査

勃起障害を起こしたペニスの血管系を調べるには、神経系の影響を受けない状態で勃起が生じるかどうかを確認す必要があります。

 

これは血管に直接働いて平滑筋を弛緩させる薬剤(血管作動薬)をペニスに注射してやることで可能です。この方法で勃起が得られれば、ペニスの血管系は正常と判断できます。

 

現在用いられている血管作動薬には、塩酸パパベリンとプロスタグラジンE1という2種類があり、持続的勃起臭などの副作用の少ないプロスタグランジンの方が主に使用されています。

 

これらの注射薬は検査だけでなく、実際の勃起障害の治療法の一つとして、欧米では自己注射法の形で広く使用されています。
しかし現在のところ、日本ではこのような目的の自己注射法が認められていないため、あまり普及するには至ってはいません。

 

アメリカでは、プロスタグランジンE1を小さな粒上にして、尿道内に注入するミューズという製品が発売されている。日本でも認可されれば、バイアグラを飲んではいけない人や、無効な人にとって朗報となるでしょう。

 

これらの血管作動薬で完全案勃起がみられなければ、勃起に関与する血管系のうち動脈系の異常か静脈系の異常か、あるいはそれら両方の異常なんかを判断しなければならない。

 

普通は血管作動薬をペニスに注射した後、勃起の状態を見るのと同時に超音波カラードブラ装置を用いてペニスの動脈の血流量を測定します。

 

ここまでの検査はペニスに注射する意外には、超音波のプローベをペニスに充てるだけで、患者さんにそれほどの痛い思いや負担をかけることもなく比較的簡単にできるものです。

 

この結果、勃起が不十分で動脈血流が正常であれば静脈系の異常による勃起障害と考えられますが、動脈血流が少ない場合は、当然のことながら、動脈系だけが原因とは言えず。静脈系の異常のチェックを必要となります。

続きを読む≫ 2015/12/14 11:56:14

勃起障害の検査

超音波や勃起作動薬のペニスへの注入での検査から、さらに検査を進めるには設備スタッフの整った大病院や、専門病院へ行かなければなりません。患者さんの希望を再度確認して、紹介することになります。

 

簡単に検査方法を説明します。

 

動脈系以上による勃起障害が関得られ、診断を確定するために、そしてその治療のために後で血管再建手術を行うことを考えに入れると、血管造影検査というものが必要となります。

 

血管作動薬を海綿体に注射し、勃起させた状態で動脈を造営することで、ペニスに供給する動脈の走行や流れを観察しようとする検査です。静脈系の検査は、動脈よりも一層面倒なものになります。

 

先ほどの血管作動薬をペニスに注射した後、海綿体内に造影剤を注入しながらX線透視によりその流れを見ます。通常はこの時同時に海綿体内部の圧も測定されます。

 

海綿体からの血液の漏出があれば、その経路である静脈がX線透視で確認でき、かつ海綿体内圧も不十分であることが確認されます。

続きを読む≫ 2015/12/14 11:54:14

一般に神経の検査と言うと、膝小僧をたたいたり、足の裏を引っかいたりして反射の出方を見るものや、音叉などを間接に充てて振動覚を測定するものが思い浮かぶと思います。

 

このような方法で評価できる神経は、体性神経といって知覚や運動をつかさどる神経系です。

 

勃起という現象はペニスに伝達された詩的刺激によって神経終末で一酸化窒素が分泌され、これが血管の格調を促し、その結果出現するものです。ここに関与している神経は副交感神経を中心とした自律神経系です。

 

ところがこの自律神経系の機能を正確に評価する検査法というものは、いまだに確立されたものが無いのが現状なのです。

 

勃起に関与する神経系についても、検査のできるほかの神経の機能を評価することで、勃起新ケ尾の除隊を推測するしか方法はないのです。

 

そこで、臨床現場で行われる最も簡単な検査法は、球海綿体筋反射というものです。直腸信徒いいって、肛門から直腸に指を入れて診察する方法があります。

 

泌尿器科では前立腺を触診するために行われる検査方法です。勃起障害を訴えて受診死す患者さんにも、たいていはこの検査が行われます。

 

この時直腸に指を入れておいて、ペニスの亀頭部をぎゅっと握ると、肛門がきゅっと閉まる販社があります。この販社を球海綿体筋反射と言います。

 

繰り返しますが、この販社が直接勃起神経の機能を反映するものではありませんが、肛門の収縮がなくなっていれば、勃起神経をも巻き込んだ末梢神経障害があると推定されます。

 

実際、臨床的にはこれぐらいで充分ではないかと考えられています。

 

もっとも、より精密に測定できるに越したことはなく、ほかにも糖尿病の抹消し系障害の検査に使われる振動覚計を応用した検査や、ペニスの背面を走行している陰茎背面神経を測定するといった方穂がここを見られています。

続きを読む≫ 2015/12/14 11:51:14

ホーム RSS購読 サイトマップ